2011年8月アーカイブ

開業を支援してくれる仕組みというのは、何も行政だけではありません。
投資家などからの出資を募って、それを元手に会社設立、
新規開業というルートもあります。

日本ではあまりこうした手法はメジャーではありませんが、
アメリカなどでは資本主義の仕組みが発達しているので、
こうしたスキームを利用して成功したベンチャー企業はたくさんあります。

このように出資を募るという場合に必要になるのは、事業の現実味と裏づけです。
どれだけその事業で利益を上げるということに具体性があるか、
さらにそれを裏付けるデータや能力などを証明できるか、です。
これは行政から補助金を「引っ張る」時よりも高度なものが求められますが、
それ故に得られる経済メリットも大きくなります。

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。