開業当時を振り返って

| コメント(0) | トラックバック(0)
私は、今年で開業30年を迎えるある会社の社長です。
現在は、従業員が30名となりますが、開業当時は、まさかここまで続くとは思ってもみませんでした。

私が、開業当時から全く変えていないものが3つあります。
それは、応接室の机と掛け軸、そしてハンコ(実印)です。
これらを揃えるのに、すべてにこだわり、開業当時のあまり無いお金の中で最大限のお金をかけました。そして、どんなにつらい時期も、これらを大切にし、30年を迎えました。

もし、これから開業を考えている方がいましたら、私と同じようなものでもいいでしょうし、その他のものでもよいでしょう。
何か決心を持ち、ものを持ち続けるのは、会社運営の上でとてもいいのではと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.itel-onsen.com/mt/mt-tb.cgi/63

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoyaが2011年10月24日 11:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「法人印を銀行印にするか?」です。

次のブログ記事は「開業時の準備、おつかれ様です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。