2012年1月アーカイブ

会社を設立する際に、多くの備品が必要となります。

業種にもよりますが、ほとんどの場合に、応接セットや従業員用のディスクといす、電話にコピー機、パソコンやサーバー等が必要となります。

経営者としては、これから行う事業の期間であったり、入れ替えのスパン、それに伴う減価償却期間のバランスを考えて、購入とするのかリースにするのかをしっかりと見極めなければいけません。

また、備品の中には購入がベースとなるものも存在します。
例えば、実印等の印鑑や消耗品となるペンや紙等です。
いずれにしても、これらは1つ1つだけで考えれば、安価ですが、全体としてまとめるとそれなりの額になりますので、計画的に準備しましょう。

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。